メンタリングとは「人として」「大人として」の在り方

 

関わる人すべてがメンターであると多くの人が思えれば、誰かと比べたリ一人落ち込んだりがなくなります。

誰だって良いところも悪いところもある。

それを補いつつ生きている。

 

いろんな事が起こった時、見方、考え方、捉え方を変えることで気持ちが楽になる事もある。

そんな思いを一人ではなく多くの人と関わることで学んでいき、自分を磨いていく

それがメンタリング。

 

一人ではできない事も、誰かと関わり毎日の習慣にできるようになれば

今までの行動も自然と変わってきます。

 

そんな関わり方を多くの人ができるようになると苦しむ人も少なくなると思うのです。

 

元々は大人と子供の関わる方のツールである。

ギリシャからアメリカへわたり日本では人財育成のツールとして用いられている。