創始者、柊匠氏によって開発されました。

 

1.声紋分析心理学とは

 

声には、こころやからだの振動が乗っています。

声帯を震わせる事で声が出て来ますが、その振動にこころやからだの音が乗っていると言えます。

 

こころやからだの調子を声が表しているのですね。

声から、こころやからだの状態を知る事が出来ます。

 

声の ”振動数(周波数)” を分析すれば、今の状態を客観的に観る事が出来るんです。

 

 声 = こころやからだの音

 

例えば、自分の名前を言うと自分の個性が出て来て、他の人の名前を言うとその人に対する感情や想いが出て来るのです。

 

その声の周波数(振動数)を数学的に分解・変換して、同じ周波数である12色の色で表現し直し、そこに色彩心理学的な解釈を元に、新たに実際のデータから考察を重ねたものです。

 

物理学的な考えの元、心理学的・統計学的な解釈を加えっていったものを『声紋分析心理学』と言います。

 

2.ヴォイススキャンとは

 

今の状態を声の周波数分布から判断して色の強弱で視覚化する、『ヴォイススキャン』というソフトがあります。

 

特許から作られたプログラムで、声を意識の3つの階層に分けて、その階層毎に12色の波状のデータで示したものです。

 

そこから、こころとからだのバランスを観る事が出来るのです。

こころを可視化した世界初のソフトです。